“きりさ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
切下28.6%
桐佐28.6%
伐去14.3%
切裂14.3%
斬下14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
普化宗衣を着ていれば、髪も切下げでなければならぬが、黒紬素袷を着流して、髪だけがそのままでは、なんとなく気がさすし、そこらをウロついている原士の眼を避ける上にも
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その辰巳屋のおさんも神田で生れて、吉原の引手茶屋桐佐の養女となり、日本橋区中洲の旗亭辰巳屋おひなとなり、豪極にきこえた時の顕官山田○○伯をみ、一転竹柏園の女歌人となり
明治美人伝 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
勘次つてるのは爪先二三の、唐鍬伐去つていてそつとてたの一である。らでもひをつたもとからはたなかつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
うて立戻り、所行ひなどさうなら、照覽あれ、が四寸々切裂き、くことをらぬすべくらさうぞよ。