“くせ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:クセ
語句割合
83.4%
6.3%
習癖1.9%
習慣1.9%
1.6%
1.6%
性癖1.6%
救世0.6%
下曲0.3%
0.3%
0.3%
習性0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その頃、崖邸のおさんと呼ばれていた真佐子は、あまり目立たない少女だった。無口で俯向で、にはよく片唇んでいた。
金魚撩乱 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
「ところが御めえいざってえ段になると奴め最後をこきゃがった。えの臭くねえのってそれからってえものはいたちを見ると胸が悪くならあ」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
と膝の上の巫女の文をここまで読み下して、藤吉は鼻をった。畳のけばをむしった。深く勘考する時の習癖である。
それでも何うも夜も落々眠られないし、朝だって習慣になっていることが、がらりと様子が変って来たから寝覚めが好くない。
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
馬の百を直すよう云々、左の頸筋に指にて水という字を書き、手綱をよく握りてすなわち不動の縛の縄じて馬の額に取鞆(?)で卍字を書く、同じ鞭先を持ち
田舎へ行脚に出掛けた時なども、普通の旅籠の外に酒一本も飲まぬから金はいらぬはずであるが、時々路傍の茶店に休んで、梨や柿をくうのがであるから
くだもの (新字新仮名) / 正岡子規(著)
他人が悩んでいたり、不幸であったりすると、すぐそのいの中に飛びこんで行きたくなる性癖のセエラでした。
同金銅釈迦三尊像や、所謂百済観音像や、夢殿の救世観世音菩薩像、中宮寺の如意輪観音と称する半跏像の如き一聯の神品は、く皆日本美の淵源としての性質を備えている。
美の日本的源泉 (新字新仮名) / 高村光太郎(著)
今度は念入りに退屈な下曲の文句が一々伸び伸びと繰返される。藪蚊がますますワンワンと殖えて顔から首すじ、手の甲、向う脛、一面にブラ下る。痒いの何のって丸で地獄だ。
梅津只円翁伝 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
翁はそれから先の上羽前の下曲の文句の半枚余りを「ムニャムニャムニャ」と一気に飛ばして、「思い続けて行く程に——イヨー。ホオ」とハッキリ仕手の謡を誘い出すのが通例であった。
梅津只円翁伝 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
亥「冗談じゃアねえ知らしてくれゝば鰹節の一本かぺい酒の一杯でも持って、旦那お芽出度うござえやすと云って来たものを」
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
夫人がを見て掃除に行くと、『あなた、いつも掃除、掃除、掃除。あなたの悪いです』
この読書に対する熱情のほかに、この男にはもう二つ習性があって、それが別の二つの特徴をなしていた。