美の日本的源泉びのにほんてきげんせん
民族の持つ美の源泉は実に深く、遠い。その涌き出ずる水源は踏破しがたく、その地中の噴き出口は人の測定をゆるさない。厳として存在し、こんこんとして溢れて止まぬ其の民族を貫く民族特有の美の源泉は、如何なる外的条件のかずかずを並べ立ててみても説明し …
作品に特徴的な語句
億劫おくこふ まさ 月光がっこう たっと かえっ 叉手さす 囲繞いじょう かく つね つく あた いへど あらわ 一聯いちれん とも 傲然ごうぜん のっと かく 匡正きょうせい 半跏はんか 印度インド 厖大ぼうだい から 埴輪はにわ 天平てんぴょう 天竺てんじく 妙諦みょうてい はら 完璧かんぺき 寵児ちょうじ もっと 康衢こうく 廃頽はいたい 強勁きょうけい ことごと 惑溺わくでき 愧死きし 憐愍れんびん 所謂いわゆる かかわ 救世くせ 旺盛おうせい 暗澹あんたん 曠古こうこ かつ 末梢まっしょう 根蔕こんたい 気魄きはく 洗煉せんれん 淘汰とうた たた あふ 溢流いつりゅう みなぎ ようや 濾過ろか 無垢むく 煩瑣はんさ 爛熟らんじゅく 瑣末さまつ かしこ 白鳳はくほう 真摯しんし 破綻はたん 碩学せきがく みそぎ とな まれ 稀有けう うかが たて 範疇はんちゅう こも 絢爛けんらん 綜合そうごう 緻密ちみつ 繁縟はんじょく 聡明そうめい 聯関れんかん 胚胎はいたい 胡粉ごふん 脇侍わきじ 臙脂えんじ 般若はんにゃ 英邁えいまい 荏苒じんぜん 菩薩ぼさつ 蒙昧もうまい 蒼生そうせい 蔚然うつぜん 薨去こうきょ 衣襞いへき 褪色たいしょく 諧和かいわ