“くそ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:クソ
語句割合
85.8%
7.1%
2.6%
狗鼠1.9%
苦楚1.9%
大便0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのうち最前からのれが出て、ついうとうと寝てしまった。何だか騒がしいので、が覚めた時はえっしまったと飛び上がった。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
兜町の裏にまだ犬のがあろうという横町の貧乏床で、稲荷の紋三郎てッて、これがね、仕事をなまけるのと、飲むことを教えた愛吉の親方でさ。
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
来てみると香花は始終絶えませぬから其処らが線香うございます。
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
夜深うしてを行ふ彼何の情ぞ 黒闇々中刀に声あり 圏套姦婦の計を逃れ難し 拘囚未だ侠夫の名を損ぜず 対牛楼上無状をす 司馬浜前に不平を洩らす 豈だ路傍狗鼠
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
何等の記録も残っていないが、しかもこの十年ばかりの間こそ、翁が芸道保存のために最惨澹たる苦楚めた時代で、同時に翁の真面目が最もよく発揮された時代であった。
梅津只円翁伝 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
それ神の御子といふ所以は、三島の湟咋が女、名は勢夜陀多良比賣、それ容姿麗かりければ、美和の大物主の神、見でて、その美人大便まる時に、丹塗になりて、その大便まる溝より