“しゅう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シュウ
語句割合
22.5%
19.7%
9.0%
7.3%
5.1%
4.5%
3.4%
2.8%
2.8%
2.2%
2.2%
2.2%
1.7%
1.7%
1.7%
1.7%
1.7%
1.1%
1.1%
1.1%
0.6%
執拗0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あるものは主方へ、親あるものは親のへ帰参して、これから正しい道を歩いて真人間になってください、あゝどうも実に弱った
だの、そらここにいるこの不幸人達ばかりが献祭山羊くに、にここにれられていねばならんのか。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
子澄が曰く、らず、燕はめ備うること久しければ、に図り難し。しく先ずを取り、燕の手足り、して後燕図るべしと。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
それでいて、その曲線達に加えられた不可思議なる人工的交錯は、を絶して、不協和音ばかりの、異様に美しい大管絃楽を奏しているのでありました。
パノラマ島綺譚 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
その影は解決を得ない不安をにれんで、ねくも離れようとしない。それが殆ど彼の生涯にわたっているのである。
「断乎として山城の案を一し、従前どおり伊豆屋伍兵衛を引き立てて然るべく存ずるが、越前どの、御高意如何?」
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
背戸口は、充満山霧で、の雲をく如く、ばを其の霧ではれた、三抱四抱が、すく/\と並んで居た。
貴婦人 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
ってマホメットモルモンなぞの木偶土像などに近づく時は現当二世御罰あらたかにして光輪火輪となし一家をも魂魂をも焼滅し玉うとかや。
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
丁度脇本楽之軒氏から『新撰名品綜覧』の第一が届けられたが、そのうちの崋山先生の異魚図なども、一目見てすぐつばめうおと分って、独りで得意になった。
南画を描く話 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
「九年前の一の縁を、ここでまた重ねるとはよくよくな。……したがその高氏、なんでこよい、幕府の牢囚俊基を、ここへお訪ねなされしか」
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
苗字、名は。——金陵建康府の産で、あだ名を※命(いのちしらず)三郎とよばれています」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ここに基業をてたが、計らずも、朕の義弟二人は害せられて、そのたる者はことごとく呉の国に在る。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いや、コンネクテカットだ。いや、ああ、ぼくたちはそらへ来たのだ。わたしたちは天へ行くのです。ごらんなさい。あのしるしは天上のしるしです。もうなんにもこわいことありません。
銀河鉄道の夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
身は、大納言藤原道綱の子と生れて、天台座主慈恵大僧正の弟子となったが、三業せず、五戒も持した事はない。
道祖問答 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
天はをつかさどり、地はをつかさどる。神は伸をつかさどり、鬼はをつかさどる。伸はをつかさどり、屈は散をつかさどる。この二者は万物を生じ、万物を
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
天下後世にその名をにするもにするも、心事の決断如何り、めざるべからざるなり。
瘠我慢の説:02 瘠我慢の説 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
夫人がなんと思おうと構うことは無い。とにかく箱根を去る。そしてこれを機会にして、根岸との交通をってしまう。あののようになっているラシイヌのを小包で送り返して遣る。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
柏軒の正妻狩谷の生んだ子は、幼くて死した長男棠助、十八、九歳になって麻疹で亡くなった長女、狩谷棭斎の養孫、懐之の養子三右衛門に嫁した次女の三人だけで
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
「久木」は即ち歴木、樹で赤目柏である。夏、黄緑の花が咲く。一首の意は、夜が更けわたると楸樹の立ちしげっている、景色よい芳野川の川原に、千鳥がりに鳴いて居る、というのである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
春濤は枕山が仲御徒町三枚橋の家の近くに居をし、更に翌年の春頃同じ町内の摩利支天横町の角に移った。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
ニ以テ可トシコレヲ慫慂ス。チ屋ヲ駒籠亀田鵬斎ガ故居ノ近傍ニス。前ハ老杉ニ対シ、後ハチ密竹掩映ス。破屋数間、蕭然タル几案、始メテ老子ヲ講ジヌ。後ニ市ヶ谷ニ移居ス。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
執拗ねく問わるることの蒼蝿くて、口に出づるまま、あらぬことをも答えけるに、その人大いに驚きたる様子にて、さては藤井氏の親戚なりし、奇遇というも愚かなるべし
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
と云う字 その字
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
妓輩の主人生時は貴人とを成すが、一旦命すれば最卑民中にすらまるを許されず、口に藁作りのませ、死んだ時のままの衣服で町中引きずり
早く蘭窓に向って碧荷
連城 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
この草の中国名はであるが、ドクダミは今日日本での通名である。これをジュウヤクというのは蕺薬の意、またシュウサイというのは蕺菜の意である。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
病院には一に二ずつって、外来患者診察したり、各病室ったりしていたが、防腐法のここではわれぬこと、呼血器のことなどにいて、異議をもっていたが
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
刻鏤、写繍師、修文、鐫碑等工手、都合八十五人とあるによって判ずれば、鑑真が美術家を連れて来たがったことは明らかであって、法力がこの種の人であったろうことも容易に想像される。
古寺巡礼 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)