“赤目柏”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あかめがしは66.7%
あかめがしわ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“赤目柏”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
赤目柏あかめがしははしのびきそぼち、
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
赤目柏あかめがしははしのび音に葉ぞ泣きそぼち、
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
「久木」は即ち歴木、しゅう樹で赤目柏あかめがしわである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)