“楸”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ヒサギ37.5%
しゅう25.0%
ひさぎ25.0%
しう12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“楸”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
かうした空想は、鳴き絶えぬ千鳥の声を夜牀に聴きながら、昼見た「ヒサギ生ふる清き川原」を瞑想した態度が、わるく変つて来たものである。
ぬばたまの夜の更けゆけば、ヒサギ生ふる清き河原に、千鳥頻鳴シバナく(同)
叙景詩の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
蘭軒伝の中で、鴎外が特に二章を費して考証しているものにしゅうがある。
「久木」は即ち歴木、しゅう樹で赤目柏あかめがしわである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
うちなびき春さりくればひさぎふる片山かげにうぐひすぞ鳴く
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
まつひさぎ 烟靄えんあい 青く、
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
爾雅を検すれば、たうくわいくわいしう等が皆相類したものらしく、此数者は専門家でなくては辨識し難い。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
それはしうは何の木なるかと云ふ問題である。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)