“楸:ひさぎ” の例文
“楸:ひさぎ”を含む作品の著者(上位)作品数
幸田露伴1
風巻景次郎1
“楸:ひさぎ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
うちなびき春さりくればひさぎふる片山かげにうぐひすぞ鳴く
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
まつひさぎ 烟靄えんあい 青く、
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)