“栃”の読み方と例文
読み方割合
とち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
帰りは、を並べたの木の、星を指す偉大なる円柱に似たのを廻り廻つて、山際に添つて、反対のを鍵屋の前に戻つたのである。
貴婦人 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
すると、どうしたことか、伝六が急にぽろぽろとのようなやつをはふりおとしていたようでしたが、突然妙なことをいいました。
「旦那がたはよいけれど、あの、かご屋を帰しては、その女子が可哀そうだ。おまけに、の沢までゆかないと、泊る小屋がないところだのに」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)