“栃”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
とち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すると、どうしたことか、伝六が急にぽろぽろととちのようなやつをはふりおとしていたようでしたが、突然妙なことをいいました。
右門のとちのような涙に合わせて、小娘お静は、うれしかったか、感激したか、わっとばかりにそこへ泣き伏しました。