“とち”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
土地53.1%
29.9%
13.0%
七葉樹2.3%
0.6%
境地0.6%
都会0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、海蔵さんがいいました。そばにてみると、それはこの附近土地っている、とった地主であることがわかりました。
牛をつないだ椿の木 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
「ああ、おいらもそう思って、北国街道から、雪のふるをこえて、この京都へきたけれど……まだ鷲のさえも見あたらない」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
すると、どうしたことか、伝六が急にぽろぽろとのようなやつをはふりおとしていたようでしたが、突然妙なことをいいました。
片側道一杯に、日覆いになるほどに、のさばっている七葉樹やで、谷はだんだん暗くなる、その木の下闇を白く抜いて、水は蒼暗い葉のトンネルを潜って、石を噛んでは音を立てる、小さな泡が
谷より峰へ峰より谷へ (新字新仮名) / 小島烏水(著)
粟稗などにまぜ、又はばかりも食とす、又にもする也。(もちにする杤は別種なりとぞ)の実もふ、そのしかたは杤にたりとぞ。
○此地の人、上食は小豆をもふ。下食は粟糠乾菜などまじえて喰ふ、又とす。
昼間こそ人々はき来したが、夜になるとほとんどだれも通らず、ただひたすら先を急いで迂回することをいとう人ばかりが、恐々ながらもこの境地を、走るようにしてとおるばかりであった。
仇討姉妹笠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「しっとりした都会で、住んだら、住みよいところで、離れにくいそうやが——」
モルガンお雪 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)