“一石栃”の読み方と例文
読み方割合
いちこくとち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
峠の上から一石栃(俗に一石)を経て妻籠までの間は、大きな谷の入り口に当たり、木曾路でも深い森林の中の街道筋である。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
一石栃にある白木の番所から、上松の陣屋の辺へかけて、諸役人の目の光らない日は一日もないことを知っていた。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
一石栃まで帰って行くと、そこは妻籠と馬籠の宿境にも近い。歩き遅れた半蔵らは連れの伊之助や小左衛門なぞに追いついて、峠の峰まで帰って行った。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)