“一石二鳥”の読み方と例文
読み方割合
いっせきにちょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こんどのことを機会に、五山の禅宗にもいちばいの権威をもたせ、従来の叡山勢力や南都の横暴を抑えようとする一石二鳥の狙いがそこにはないでもない。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)