“一石飛騨守様”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いっこくひだのかみさま100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“一石飛騨守様”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「御家老へ申しあげます。一石飛騨守様いっこくひだのかみさまのお使いがお見えになりましてござります」
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「は。それではこれで、いよいよ締め切りに……エエ石川左近将監いしかわさこんしょうげんどのより、四つ。ほかに、長船おさふねの刀一ふり一石飛騨守様いっこくひだのかみさまより五つ半、および絹地きぬじ五反。堀口但馬ほりぐちたじまさまより——」
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)