“一石橋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いちこくばし33.3%
いっこくばし33.3%
いつこくばし33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三月四日のの事であった。宵に小降りのした雨上り、月は潜んで、と云うが、黒雲がんで暗い、一石橋の欄干際。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
千浪は白鞘のを握って、燕のように駈け抜けた。重蔵も懸命に追いすがった。が、当の玄蕃は更に足を飛ばせて一石橋の方へ逃げ出した。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
○日本橋下に至り、終に一石橋下に至りて御濠に出づ。御濠は西の方滝の口に至り、南の方呉服橋八重洲橋鍛冶橋数寄屋橋に至るまで船を通ずべし。
水の東京 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)