“崋山”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かざん81.3%
くわざん18.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
光琳の極彩色は、高尚な芸術でないと思っているのであろうか。渡辺崋山の絵だって、すべてこれ優しいサーヴィスではないか。
如是我聞 (新字新仮名) / 太宰治(著)
崋山に至りては女郎雲助の類をさへ描きてしかも筆端に一点の俗気を存せず。人品の高かりしためにやあらむ。到底文晁輩の及ぶ所に非ず。
病牀六尺 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
そこへ折よく久しぶりで、崋山渡辺登が尋ねて来た。袴羽織に紫の風呂敷包を小脇にしてゐる所では、これは大方借りてゐた書物でも返しに来たのであらう。
戯作三昧 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
渡辺崋山や高野長英等はそれで、彼等は尊い開国の犠牲となつて徳川幕府の手に仆れた。
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)