黄色い晩きいろいばん
垣根の楓が芽を萌く頃だ。彼方の往来で——杉林の下の薄暗い中で子供等が隠れ事をしている。きゃっきゃっという声が重い頭に響く。北から西にかけて空は一面に黄色く——真黒な雲がその上に掩い被さって、黄色な空をだんだんに押しつけて、下に沈ませているよ …
作品に特徴的な語句
ねこ わめい いっ かい なお つけ みず おろ ふる つぶ ひやや 悠然ゆったり ふさ わけ 呻吟うなり 悪寒わるさむ しまい いち あわ もっ うえ うそ よび 垂下ぶらさ ぞっ 斯様こんな わし におい けん 一々いちいち 刃渡やいばわた 彼方あちら 折々おりおり 村端むらはずれ うわ 母親おふくろ すま こぼ ほて 燈火あかり はや すぐ くら なか 一寸ちょっと うち いま たたず 何処どこ 何方どちら わず まま 先刻さっき 光景ありさま 其処そこ 其様そんな 其等それら はげ 効果ききめ 口早くちばや 口軽くちがる とが ささや 四境あたり はたけ 土瓶どびん 垂下たれさが おお へや うち 小母おば しゃく 彼方かなた 後方うしろ 御幣ごへい 徳利とくり 心持こころもち 怒鳴どな 急込せきこ 情合じょうあい 手拭てぬぐい かつ 按摩あんま おお 明日あす 晩方ばんがた 枕許まくらもと やわら