“近附”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ちかづき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“近附”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > 戯曲25.0%
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸3.2%
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語1.6%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
旦「今広小路で師匠に会ったからちょいとお母さんにお近附ちかづきに成ろうと思って来たのさ」
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
武「うむ是は堪らん、では近附ちかづきの為に一盃いっぱい
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)