“忍入”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しのびい77.8%
しのびいつ11.1%
しのびいり11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一体、この賊はどこから忍入り、どこから逃出したのであろう。先ず、この家には普通に人の出入する箇所が三つあった。
孤島の鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
雲源と申十五出家仕つり候へども幼少よりあり成人なすに尚々相募に一昨夜伊勢屋て金五百兩み取其隣の金屋とやらんへも忍入し出る處を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
見ると欲心し年寄たる女一人べきにずと思ひ其夜忍入て殺害なし金子奪ひ取り候と其手續きを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)