“けがれ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
36.0%
28.0%
汚穢18.0%
汚垢4.0%
4.0%
塵埃2.0%
気枯2.0%
汚涜2.0%
汚濁2.0%
触穢2.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
禍害なるかな、偽善なる学者、パリサイ人よ、汝らは白く塗りたる墓に似たり、外は美しく見ゆれども、内は死人の骨とさまざまのとに満つ。
駈込み訴え (新字新仮名) / 太宰治(著)
神職 や、このを、このを、おとりいれにあい成りまするか。その御霊御魂、御神体は、いかなる、いずれより、天降らせます。……
多神教 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
されば行け、汝一の滑かなるをこの者の腰にねまたその顏を洗ひて一切の汚穢を除け 九四—九六
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
この二神は、かの穢きき國に到りたまひし時の、汚垢によりて成りませる神なり。次にそのを直さむとして成りませる神の名は、神直毘の神。次に大直毘の神一一。次に伊豆能賣一二
かくて、永い年月を経た後、皆から愚者と冷笑された周利槃特は、ついに自分の心の垢、こころの塵を除くことができました。煩悩塵埃を、スッカリ掃除することができました。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
けがれは「気枯」である。陽気が枯れるところに罪悪が宿る、罪悪の宿るところに死が見舞う——とは、常々聞かされたあの神主さんのお説教の論法である。
大菩薩峠:27 鈴慕の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
申しては失礼ですけれど、あれが牧師の妻君などとは信者全体の汚涜です、なにも山木様の別荘なぞ借りなくとも
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
『爾、思ひあがれる芸術家よ。先づその矜持を捨てよ。次に、その中に淀める汚濁を浄めよ、次に、小さなる皮肉と小さなる観察とを捨てよ。しかして、野にある羊かひの如く賤しかれ』
J. K. Huys Mans の小説 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
他でもないそれは仏陀だ! ……太占をもって神意を問い、大嘗斎服の神殿を造り、触穢を忌み清浄を喜ぶ。これは決して悪いことではない。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)