“太占”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふとまに66.7%
うらない33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
春日太占を調べるかたわらには阿蘭陀の本を読み、いま易筮を終って次に舶来の拳銃を取り出すという人であります。
第四種(卜筮編)易筮亀卜銭卜歌卜太占口占辻占兆占夢占御鬮神籤
妖怪学講義:02 緒言 (新字新仮名) / 井上円了(著)
他でもないそれは仏陀だ! ……太占をもって神意を問い、大嘗斎服の神殿を造り、触穢を忌み清浄を喜ぶ。これは決して悪いことではない。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)