“乱波”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
らっぱ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“乱波”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
非難というのではないが、憂いのあまりに、家中にはこういう声も多少あったが、越後領から放された甲州乱波らっぱの面々は、
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
だのに、その道三と結び、父子の内争に、乱波らっぱの役をひきうけてやるなどは——どう考えても、日吉にはくみせなかった。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)