豚吉とヒョロ子ぶたきちとヒョロこ
豚吉は背の高さが当り前の半分位しかないのに、その肥り方はまた普通の人の二倍の上もあるので、村の人がみんなで豚吉という名をつけたのです。又、ヒョロ子も同じ村に生れた娘でしたが、背丈けが当り前の人の倍もあるのに、身体はステッキのように細くて瘠せ …
作品に特徴的な語句
ふさ なめ 普通あたりまえ とど すこ かない おそ ざま とど せい 背負おぶ かつ にわとり 口惜くちお あい はず ばばあ さだ かか かれ 美味おいし 背丈せた におい 裸体ぱだか どり 一層いっそ くしゃみ わたし ばば ずつ 布片ぬのきれ おこ つか つゆ しし しま 背丈せい やに 蓬々ほうほう おと にお にわとり 一寸ちょっと 丁稚でっち うち 中々なかなか 他人ひと 何卒どうぞ 何故なぜ 何糞なにくそ まないた そば 兄妹きょうだい 別嬪べっぴん 勘弁かんべん いきおい 半鐘はんしょう いや いや 可笑おか 吃驚びっくり あき 呆気あっけ 咽喉のど くわ 堪忍かんにん ふさ 如何いか へや うち 小舎こや かが あが ついで 度毎たびごと 弾丸たま 性質たち うら 怪我けが 恰好かっこう あわ 懲役ちょうえき 我儘わがまま 手鞠てまり つま かつ