“捻纏”の読み方と例文
読み方割合
ねんてん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こどもを山にかずける度びに翁の腹にできたはらわたの捻纏は、だんだん溜って翁の腹をの貝の形に張り膨らめた。それに腹の皮を引攣られ翁はいつも胸から上をえびのようにめて歩いた。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)