“捻切”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ねじき33.3%
ねじきり33.3%
ねぢき33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“捻切”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸3.2%
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 戸外レクリエーション1.5%
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 日本1.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
地袋の方を見ると戸が明け放してあって、お納戸縮緬なんどちりめんの胴巻が外の方へ流れ出して居たのに驚いて調べて見ると、殿様のお手文庫の錠前を捻切ねじきり、胴巻の中に有った百金子きんす紛失ふんじついたしたに
ほかは締りは厳重にしてあって、誰も居りませんから、よくあらためますと、お居間の地袋の中にあるお文庫の錠前が捻切ねじきってありました、それから驚いて毘沙門びしゃもん様にがんがけをしたり、占者うらないしゃに見て貰うと
雨畑から小河内へ踰える日に、雨畑川の上流捻切ねじきり沢で驟雨に襲われ、暫く木蔭に雨宿りをしていると、渓水が少しく増して急に水の中がざわつき出した。
大井川奥山の話 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
仔細しさいありげによそほふた、心根こゝろねのほどの苦々にが/\しさに、へしつて捻切ねぢきつた、をんな片腕かたうでいまかへすわ
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)