“捻出”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ねんしゅつ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“捻出”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 工芸 > 工芸16.7%
芸術・美術 > 音楽 > 音楽史 各国の音楽10.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
個人の作を見よ、いかに自然への帰依きえが薄いか、いかに主我の念が強いか、いかに個性の捻出ねんしゅつにいら立っているか。
工芸の道 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
いや、それよりも差し当たり大問題なのは、あと四十九回の治療代をどうして捻出ねんしゅつすべきかということだった。
幸運の黒子 (新字新仮名) / 海野十三(著)