“勞苦”の読み方と例文
新字:労苦
読み方割合
らうく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大佐よ、仲間となつたは、貴下等毎日/\の勞苦をば、らに傍觀してるにびません、んでもよい。
毎日かれた。屹度いでつたのである。壁際んだはそこには不正なものがつてるにしても、大部分非常勞苦からたものである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
ち五けり、の・たる、士卒最下なる衣食じうし、するにけず、くに(七〇)騎乘せず、ひ、士卒勞苦つ。(七一)り。