九谷焼くたにやき
震災で失ったものの中で、この頃になって、惜しいと思い出したものは九谷焼である。父が心懸けて集めたもので、古い時代のいわゆる古九谷と呼ばれている高価な品ではないのだが、現今大量生産でどんどん造り出している今の九谷焼と、古い時代の「真正の九谷焼 …
作品に特徴的な語句
ごく もと しゅ こまか すぎ のば 入札にゅうさつ 寺井てらい ふく のち 心懸こころが まず あが こす きま 犀川さいがわ はか 組合くみあわせ たま ついや ぺん きん 七宝しっぽう 不折ふせつ 井桁いげた 仏蘭フランス 何処どこ 何故なぜ なら しの わず 僻地へきち 億劫おっくう 加賀かが 勿論もちろん 南画なんが 四里より すわ うず 如何いか うれ しゃく 尻尾しっぽ 尾張おわり 山中やまなか 山代やましろ 山水さんすい かさ 庇護ひご とこ 形骸けいがい 後裔こうえい 感応かんのう 招聘しょうへい 捗取はかど 摸写もしゃ えら 明瞭めいりょう やす 曙光しょこう 月並つきなみ 染付そめつけ 梨地なしじ 極々ごくごく 此処ここ ほとん 毛氈もうせん 水金みずきん 湯呑ゆのみ ようや 熟柿じゅくし じい 物好ものずき 獅子しし 琺瑯ほうろう 生地きじ 益々ますます さかん 真暗まっくら 石野いしの かま 窯元かまもと 竜山りゅうざん 筆致ひっち 籾殻もみがら しま ひび 花模はながた あお しま