“仏蘭西式”の読み方と例文
読み方割合
フランスしき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仏蘭西式の窓はを去る事五寸にして、すぐ硝子となる。け放てば日が這入る。かい風が這入る。日は椅子の足で留まる。風は留まる事を知らぬ故、容赦なく天井まで吹く。窓掛の裏まで渡る。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)