“仏蘭西窓”の読み方と例文
読み方割合
フランスまど100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
席を立った宗近君は、横から来て甲野さんの手を取るや否や、明け放った仏蘭西窓を抜けて二段の石階を芝生る。足が柔かい地に着いた時
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
を告げて帰った時には、私は思わず立ち上って、部屋の中の俗悪な空気を新たにしたい一心から、川に向った仏蘭西窓を一ぱいに大きく開きました。
開化の良人 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「こりゃ空気が悪い。毒だ。少しけよう」と上下栓釘を抜き放って、真中の円鈕を握るや否や、正面の仏蘭西窓を、を掃うごとく、一文字に開いた。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)