“仏蘭西人”のいろいろな読み方と例文
旧字:佛蘭西人
読み方割合
フランスじん81.8%
ふらんすじん18.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と思ふと直に、先月或雑誌で私を批評して、ニグロが仏蘭西人の中に混つたやうな、と嘲笑してあつた文字と思ひ合された。
途上 (新字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
仏蘭西人って Servietteの下から涎掛のように広げて掛けると同じく、先生は必ずにした懐中の手拭を膝の上に置き
妾宅 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
... これは仏蘭西人が最上等の料理と珍重するドウキングのケーポンだよ」大原「何の事だね」主人「ドウキングというのは肉用鶏の中で第一等の種類さ。ケーポンというのはその去勢したのだ。 ...
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
菓子の料理は米国がだし、牛や豚は英国人がよく調理するし、野菜をに使用するのは仏蘭西人の特技としてある。饂飩料理は伊太利が本家だし、ペラオのような米料理は土耳古風から出ている。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)