“仏蘭西語”の読み方と例文
旧字:佛蘭西語
読み方割合
フランスご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
奥の四畳半で先刻からおさんに学課の復習をしてっていた真事が、突然お金さんにはまるで解らない仏蘭西語の読本をい始めた。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
何故ならば、僕が同伴して来た三人の将校達は、多分仏蘭西語と思われる外国語で話をしつづけました。不幸か、仏蘭西語は僕には何のことやら薩張り意味が判りません。
壊れたバリコン (新字新仮名) / 海野十三(著)
下りた拍子に僕の胸へぶつかって来た者があったのでヒョイと顔をあげて見るとですね、土耳古美人が立っているのです。『ごめん遊ばせ』と仏蘭西語で云って顔を赧らめたというものです。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)