“イギリス”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:いぎりす
語句割合
英吉利96.2%
1.5%
英吉利斯0.8%
英吉利西0.8%
英國0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
言い忘れていたが、博士は、これも、ひとりの英吉利旦那からの拝領物であるところの、硝子の欠けた鼻眼鏡をかけているのである。
ヤトラカン・サミ博士の椅子 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
「それが、ほぼ東経二十八度北緯四度のあたりです。領スーダンと領コンゴの境、……イツーリの類人猿棲息地帯から北東へ百キロ、『悪魔の尿溜』の魔所へは三十マイル程度でしょう」
人外魔境:01 有尾人 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
「和蘭陀だか英吉利斯だか知らないが、若旦那にからかわれたのを本気にしてまた知ったか振をひけらかすのだろう、よく天道様の罰が当らないものさ」
新潮記 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
然れども何人なるやを知らざれば言葉もかはさで去りぬ。これ上田先生にして、その先生は英吉利西風の背広に髭もまた英国風に刈り鼻眼鏡をかけてゐたまひけり。
書かでもの記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
それはれもせぬ去年で、米國から歐羅巴航海中で、ふと一人英國老水夫懇意になつた。