“えい”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:エイ
語句割合
14.2%
12.3%
8.5%
8.5%
8.5%
8.0%
7.1%
6.6%
3.8%
3.3%
2.8%
2.4%
1.9%
1.4%
得言1.4%
1.4%
0.9%
0.9%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
得謂0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
折角いい機嫌で帰って来た八助のをすっかりさまして、秦野屋の足はまた何処へ向ってゆくか、宙を飛んで寺町のへ消え去りました。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
其頃宗助つてくの友達つてゐた。ふと、輕快ずるてのは、んど誰彼區別なく友達であつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
それは見る見る売り切れとなって、全国の少年はこの日記を読まないことを恥とした。日記は、の各国語にされた。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
とたんに鉄棒に躍ってを目懸けて! と下す。さしったりと身を交せば、れて発奮を打ち路傍の岩を真二つ。石鉄戛然火花を散らしぬ。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
古人はを花の王と称した、世の中に絶えて桜のなかりせば人の心やのどけからましとじた、吾人は野に遊び山に遊ぶ、そこに桜を見る
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
且つ存して、時に塞下に出没するを以て、辺に接せる諸王をして、国中に専制し、三護衛の重兵を擁するを得せしめ、将をりて諸路の兵をすにも
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
一番繁く出入して当人聟君登第を得る己惚れてゐるのが、大学の学士で某省の高等官とかを勤める華尾高楠
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
支那の文人などには、独酌の趣をじた作品が古くからあったようだが、此方では今でも普通の人は酒に相手をほしがる。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
泥酔して上機嫌になると石黒大尉は異様な発揚状態になり、火のついた葉巻をところかまわず裸身へおしつけるのと、の皮で生皮を剥がれることだった。
ノア (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
それがけしからぬいたずらとしても、楚王を絶った故事も思いあわされて、きょうの場合には主人の忠通もそれを深く咎めたくなかった。
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
そしてまた、尊氏のは、さきの宝満寺を引きはらって、はやくも、逆瀬川の川尻のひがし、魚見堂へ、その本営を移したということでもある。
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「その歳の冬——おの厄があけるのを待つて、節分過ぎには一緒になる筈だつたと言ふから、無理もありませんね」
「もしの君が先生をおむかえして政治を委ねられることになりましたら、先生は真先に何をなさいましょうか。」
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
晏子(五〇)戄然として衣冠(五一)め、してく、『不仁も、れしむ。つをむるのかなるや』と。石父く、『らず。 ...
まゝ紛紜でもりましたのか、なれば何事には得言はで、たんとくするが性分りもので御座ります、とてとの高笑ひをしてかせれば
うらむらさき (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
という言葉の意味および起こりは、まだ是からの研究事項であるが、以前は束把によって稲をえ、またすなわち穂首を揃えて、貯蔵運搬の用としたものが
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
諸友はその老かつ頽なるものにき、一を抜きてこれに代え、以て数月の風雨を支えんと欲す。これを視て異端怪物と為して、これを疎外する所以なり。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
れてやがて三十年、今ではも町内一二の古になつてしまつたが、麻布區新土町といふと、うしろに歩兵第三聯のモダアン兵を控えた戸六七十の一區だが、ロオマ法王使節館
魏が全力をあげて来た征呉大艦隊は、すでに(河南省・安徽省)から淮水へ下って、その先鋒は早くも寿春(河南省・南陽)へ近づきつつあると伝えられた。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
から湖北の淮水へ出て、寿春、広陵にいたり、ここに揚子江をさしはさんで呉の水軍と大江上戦を決し、直ちに対岸南徐へ、敵前上陸して、建業へ迫るという作戦の進路を選んだのであった。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
よってを逮捕し、都督宗忠をして兵三万をい、及び燕王府の護衛の精鋭を忠の麾下し、開平して、名を辺に備うるにり、都督の耿瓛に命じて兵を山海関に練り
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
し今の朝廷また建文をめずして厚くを奉ず可きをおもえるなり。はこれを聞きてに驚き、同寓の僧を得て之を京師に送り、飛章して以聞す。帝及び程済に至るのに在り。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
彼はの人間ではあるが、子賎の先輩として、その指導にはこれまでかなり力を入れて来たつもりでいる。だから孔子が先輩といった中には、無論自分も含まれているはすだと思ったのである。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
孔子は、一日も早くの国を去りたいと思った。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
かなりのきやうをあたへるのだ
『春と修羅』 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
この身代を譲られたりとて、他姓して得謂はれぬ屈辱を忍ばんは、彼のしと為ざるところなれども、美き宮を妻に為るを得ば、この身代も屈辱も何か有らんと
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
第十三子王とし、大同府に居き、第十四子王とし、藩に甘州府に就かしめ、第十五子を封じて王とし、広寧府に居き、第十六子王として寧夏に居き、第十七子王に封じ
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
まず厨子の本尊仏をかつぎだし、燭台経机の類をはじめ、唐織螺鈿の卓、の香炉、経櫃など、一所に運び集める。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
炳文の子[#「璿」は底本では「※」]は、帝の父懿文太子の長女江都公主を妻とす、[#「璿」は底本では「※」]父の用いられざるを憤ることしかりしという。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
林氣𤸇多く、木氣多く、岸下の氣多く、石氣力多く、嶮岨の氣多く、谷氣多く、丘氣狂多く、陵氣多く、衍氣仁多く、暑氣多く、寒氣壽多くなどと説いて居る。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
若僧二人大なる孔雀の羽もて作りたる長柄のを取りて後に隨ひ、香爐搖り動かす童子は前に列びてぞゆく。輿に引き添ひて歩めるは
第二十一子王とし、第二十二子王とし、第二十三子王とし、第二十四子王とし、第二十五子𣟗王としたり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
これて軍旅のぎ、貔貅を小にするに過ぎざるのみ、なりというからず。燕王と戦うに及びて、官軍時には勝つあるも、令あるをて、飛箭長槍、燕王をすに至らず。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
其の仲の兄も亡せたれば、孤身るところなく、皇覚寺に入りて僧とり、を得んが合淝に至り、の諸州に托鉢修行し、三歳の間は草鞋竹笠
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)