“経櫃”の読み方と例文
読み方割合
きょうびつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まず厨子の本尊仏をかつぎだし、燭台経机の類をはじめ、唐織螺鈿の卓、の香炉、経櫃など、一所に運び集める。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
天城四郎はといえば、本堂にあって、経櫃の上に傲然と腰をおろし、彼の姿を見ると突っ立って、頭から一喝をくらわした。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)