“貔貅”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひきゅう50.0%
ひきう16.7%
ヒキュウ16.7%
ヒキユウ16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あれでせきばらいでもされたなら何千万の貔貅といえども道を開けるに違いない。板倉の滑り方はなかなかうまいもんだ。うそじゃない。本人がそういっている。
五色温泉スキー日記 (新字新仮名) / 板倉勝宣(著)
ちてに、むで肅殺つる朱槍へ、白劍せ、漆弓め、ぐ。峻峰將軍磊嚴貔貅たり。
月令十二態 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
、乱世ニ生レテ、身ヲ農迹ス所ニ、先帝三顧ノ恩ヲウケ、孤子ヲ託スルノ重キヲル。ニヨリテ、不才、犬馬ノ労ヲ尽シ、貔貅ノ大軍ヲ領シテハ、六度、祁山ノ陣ニ出ヅ。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)