“まんなか”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:マンナカ
語句割合
真中53.8%
中央32.1%
眞中10.2%
正中1.3%
中心0.7%
最中0.7%
真中央0.7%
中流0.3%
真央0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
四角にた豆腐の真中の先でくり抜いてその中へ玉子の黄身のザット湯煮たのを落してそれをそうっと沸湯で湯煮て別にの餡を
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
親方の禿頭の中央えている事実を知っていたものは、事によると吾輩一人かも知れないのだから、トテモ証拠になりそうにない。
超人鬚野博士 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
拜殿の欄間には、土佐風いた三十六歌仙が行儀よくねられ、板敷の眞中には圓座が一つ、古びたまゝに損じては居なかつた。
東光院 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
晴天風なき時日れば十三の小嶋おの/\離散して池中に遊ぶが如し、日入れば池の正中にあつまりて一ツの嶋となる。此池に種々の奇異あれどもければしるさず。
多勢のものはらず言下に、中心にしてきなつてりました。ちやんは怪訝しながらさずました、でも早速乾燥さなければ屹度風邪くとひましたから。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
サハラの大砂漠の最中に投げ出されたようなものだ。それで不思議な事には自分の身体の軽い事といったら踏む足が、地に付いているかいないか訳らないくらい。足音さえしない。
月世界跋渉記 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
のものの起つた土地は、清きと、美しきと、二筋大川の両端を流れ、真中央に城の天守ほ高くえ、森黒く、く、国境の山岳は重畳として、湖を包み、海に沿ひ、橋と、坂と
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「河の中流へ出て見ると、好いよ。都会の中の空気とは思はれない。」
出発 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
佃は、それはそれで打ち切り、十坪ばかりの庭の庭石の真央に立って、あちらこちらを見まわした。彼は何か見つけ、不興げな表情でつくばいのそばへ行った。
伸子 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)