“吾木香”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
われもこう60.0%
われもかう40.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“吾木香”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
土用明けの富士の裾野、鍵手ヶ原は朝もや立ちこめ桔梗、女郎花おみなえし吾木香われもこうなど、しとどに露に濡れている。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
いま、君の手紙を封筒に返さうと思つたら、底の方に吾木香われもこうの花のはいつてゐるのに気がついた。
母たち (新字旧仮名) / 神西清(著)
――吾木香われもかうすすきかるかや秋くさの、さびしききはみ、君におくらむ。
清貧の書 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
おなじく秋の終りの花に刈萱があり、吾木香われもかうがある。
秋草と虫の音 (新字旧仮名) / 若山牧水(著)