“宮居”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みやい73.7%
みやゐ26.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宮居のあとはみなせ川であろうとおもわれる川にかかっている橋をこえてそれからまたすこし行ったあたりの街道からひだりへ折れたところにあった。
蘆刈 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
はじめて心付くと、先刻めた城に対して、稜威は高し、宮居の屋根。雲に連なるの棟は、玉を刻んだ峰である。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
逐電し夫のみならず大門番の重五郎を殺しられし殘念さに何卒此方樣に出會されんと此秋葉樣へ誓願たる一心きて今此處にて出會しも嗚呼けなしと宮居の方を伏拜むを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ヘープァイストスの宮居より神母さながら鷹の
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)