“するど”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:スルド
語句割合
95.1%
2.5%
鋭利0.8%
0.8%
0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
少年めると如何にも大變! 先刻吾等通※して黄乳樹より、一頭猛獸はれてたのである。
稜角のい破片岩の露出が尾根を「窓」状にっている場所も二、三ヶ所あった。それでも藪よりは此方がに楽である。
利根川水源地の山々 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
さア隠すなら何所へ隠す、着物の衣嚢とか其他先ず自分の身のには違い無いが其鋭利いものを身の中へ隠すのは極めて険呑
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
成るほどだ目「すれば鋭利い短剣を曲者はうして持て来たゞろう、人に見られぬ様に隠して居たのは明かだ、 ...
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
しかるにギリシア、ローマには一方に蛇を兇物として蛇髪女鬼九頭大蛇等、諸怪を産出せる他の一方に、竜種を眼く地下に住む守護神として崇敬せり。
武村兵曹、お鬼神があればとて、あの澤山猛獸つてになる。』と矢庭肩先んで引戻した。此時猛犬稻妻は、一聲つて立上つた。