“涼々”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すがすが100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“涼々”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
甲斐の盆地の夏景色は、何んともいえず涼々すがすがしく、釜無かまなし河原には常夏とこなつが咲き夢見山には石楠花しゃくなげが咲き、そうしてお館の木深い庭を蛍が明滅して飛ぶようになった。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)