“もすそ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
69.4%
裳裾26.1%
2.2%
衣裾1.7%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おどろいて見ているうちに、白いがひとゆれゆらりとゆれたと思うと、すらすらと台座から降りてきてわたしの前へ立ちはだかり
ハムレット (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
すると、突然、の緞帳の裾から、桃色のルイザが、吹きつけた花のように転がり出した。裳裾が宙空で花開いた。緞帳は鎮まった。
ナポレオンと田虫 (新字新仮名) / 横光利一(著)
「舟の中の女は、はっきりとその顔は見なかったが、の下の二本の足は、人間の世にはないものだったよ。」
織成 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
尊き兄を溺らせしかと兄弟共に慚ぢ悲みて、弟の袂を兄は絞り兄の衣裾を弟は絞りて互ひにはり慰めけるが、彼橋をまた引き来りて洲の後面なる流れに打ちかけ
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
砂丘つづきの草を踏んでと、学生が見ていると、どまっていた二女が、ホホホと笑うと思うと、船の胴をから真二つに切って、市松の帯も消えず、浪模様のをそのままに彼方へ抜けた。
露萩 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)