“はかま”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ハカマ
語句割合
97.2%
1.7%
0.4%
裙子0.2%
下袴0.2%
葉鞘0.2%
袴腰0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一とわたり祈祷がすむと、先達の女房でおという四十女が、黒ずくめの品の良い様子で、の少女に案内させて出て来ました。
翁が検めみると獣のが五六ぴきの上から取り付いていた。猪の相撲場の土には親猪が蝨を落して行ったのだった。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
これも半白の頭で襤褸の著物の下に襤褸のをつけ、壊れかかった朱塗の丸籠を提げて、外へ銀紙のお宝を吊し、とぼとぼと力なく歩いて来たが、ふと華大媽が坐っているのを見て
(新字新仮名) / 魯迅(著)
うす寒げな白の袗衣に、紅羅裙子を曳き、白粉痩せは、その頬に見えるだけでなく、肩にも弱々しげながある。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
婆惜はいちど起き直って、薄衣を解き、裙子のひもから下の物まで脱いで、蒲団を払い
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
男女は狼狽して、寝台のねのけた。金蓮は白いもあらわに、下袴穿く。を結ぶ。男の西門慶も度を失って、彼にも似気なく、寝台の下へ四ツん這いに這い込んで行くしまつ。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
柄本に葉鞘があるがこれがこの属する傘形科の特徴である。花は白くて小さく夏に咲いて傘形花穂を成し、花後に小さい実が集り熟し落ちると仔苗が生ずる。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
こひと、寧子は、又右衛門の左右から、衣紋よ、袴腰よと、手を添えた。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)