“うづくま”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ウヅクマ
語句割合
69.5%
蹲踞10.2%
8.5%
3.4%
蹲居3.4%
1.7%
1.7%
蹲裾1.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ミサを読んでしまつて、マリア・シユネエの司祭は贄卓の階段を四段降りて、くるりと向き直つて、レクトリウムの背後つた。
祭日 (新字旧仮名) / ライネル・マリア・リルケ(著)
と申さるゝ時麹町三丁目瀬戸物屋忠兵衞ちに白洲へ呼込と相成長庵のらに蹲踞る是を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
瀧壺のやうに泡立つて、いもくないも、少年とは、へて、つてしまつたが、其爲に、昨夜海水されて、きかけてつた衣服
女はさすがに身をぢて、二つの乳房をに隱し、八方から投げかけられる視線を痛さうに受けてりました。
御門脇なる長屋を出て、木立の影に蹲居るを。
したゆく水 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
理髮店に歸ると、源助は黒い額に青筋立てて、長火鉢の彼方に怒鳴つてゐた。其前には十七許りの職人が平蜘蛛の如くつてゐる。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
なるものは滿つてはりつゝ、燈火ける餘裕もなくをぶつ/\とつてる。うしてしさに雜木いた手段發見されないのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
れた身體から自由つたやうにぜられた。れたやうになつてた。えた身體暖氣して、茶釜けた身體ゑて蹲裾つた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)