“跼:うづくま” の例文
“跼:うづくま”を含む作品の著者(上位)作品数
佐藤春夫1
野村胡堂1
“跼:うづくま”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
女はさすがに身をぢて、二つの乳房をたなごころに隱し、八方から投げかけられる視線を痛さうに受けてうづくまりました。
……こんな処に、うす暗いうすら寒い台所の片隅に、かまどの前へしよんぼりとうづくまつて、思ふやうには燃えない炎をさつきからぢつと見つづけて居る自分。