“うずくま”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
68.1%
16.7%
蹲踞10.2%
3.2%
蹲居0.9%
0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
韮崎は床にってコトコト音を立てていたが、やがて床板の一部が揚げ蓋になって、ギイと開くと、地下から幽かな光が漏れて来た。
偉大なる夢 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
かの家の者一同ある日に行きて夕方に帰らんとするに、女川のりてにこにこと笑いてあり。次の日はの休みにまたこの事あり。
遠野物語 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
お勢母子の者の出向いた、文三は沈着て、徒然と机の蹲踞ッたまま腕をに埋めて懊悩たる物思いに沈んだ。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
乾からびた葡萄棚の下にったとき、ロハ台に寝ていた男がムクムクと起きあがって、帆村に剣突をくわせた。
蠅男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
背後から追い逼る殺人鬼! 前からは寄って来る悪病の主! 間に挿まれた老人と老婆は、ベタベタと道へ蹲居った。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
そこだけ海亀の背でもっているかのように平野の景色の中に眼立ちます。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
騎士一同 (を伏せて、り、同音に呼ぶ)若様。
海神別荘 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)