“ひざまず”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
90.7%
跪坐2.6%
跪座2.1%
1.0%
1.0%
跪拝0.5%
0.5%
膝支0.5%
0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
薄暗い神殿の奥にいた時の冷やかな石の感触や、そうした生々しい感覚の記憶の群が忘却から一時に蘇って、殺到して来た。
木乃伊 (新字新仮名) / 中島敦(著)
若武士などへは眼もくれず、巫女の前へ一斉に跪坐いたが、「いざ姫君、お召し下さりませ」
南蛮秘話森右近丸 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「南無三、笑った。あの笑いだな」庄三郎は膝を敷きピタリと大地へ跪座いた。とたんにピューッと何物か頭の上を飛び越したが、遥か前方の立ち木へ当たりパッと火花をしらせた。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
そこで官人の前にいていった。
偸桃 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
そして、実際、それから一時間ばかり経つてから、お母さんはベツドの傍にいてお祈りをして泣いてゐました。
膳夫は振り向くと、火のついた鹿の骨を握ったまま真菰の上に跪拝いた。卑弥呼は後の若者を指差して膳夫にいった。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
「王よ。」使部は跪拝いた膝の上へ訶和郎を乗せていった。「われは女の言葉に従って若い死体を伴のうた。」
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
すでに事態は急迫以上に急迫していたので、いて詳密に告げている間もなかった。
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ずしと鞍からとび降りると、すぐ信玄のまえにいて告げた。
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と作左衛門が善後の処置を建策しているところへ、一人の家士が血相変えてその前へ膝支いた。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「さア、もう一度世の中へ出て参りましょう。その黒髪をして、振袖を着て、貴女の美しさを存分に見せて、貴方の前にく世間を見返してやろうではありませんか」
百唇の譜 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
青眼爺様は白髪小僧の藍丸王が飲み干した盃を受け取って、傍の小供に渡すと直ぐに又眼くばせをして、六人の小供を皆遠くの廊下へ退けて、り王の前にいて恐る恐る口を開いた——
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)