“たすく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
42.9%
21.4%
14.3%
扶助14.3%
7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また宴席、酒なるときなどにも、上士がを打ち歌舞するは極てなれども、下士は隠し芸なるものを奏してる者多し。
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
殊にといふ男は、作者が好意を以て描かうとした人間とは全然別種の人間としか考へられない。茲に作者が描かうとした人間とは即ち朝子の信じる翼だと云つても差支へあるまい。
東石田は筑波の西に当るところで、国香もこれに居たのである。護は世系が明らかでないが、其の子の、隆、繁と共に皆一字名であるところを見ると、嵯峨源氏でゞもあるらしく思はれる。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
が一人の母のことは彼さえいねば我夫にも話して扶助るに厭は云わせまじく、また厭というような分らぬことを云いもしますまいなれば掛念はなけれど
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
彼は人の為に酒をるにひし手も、などや今宵の恋の命も、き夢か、うたかたの水盃のみづからに、酌取らんとは想の外の外なりしを、にも似たる身の上と、る胸の内
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)