“蹴球”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しゅうきゅう42.9%
フットボール28.6%
けまり14.3%
しうきう14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人と会話を交えるなんかはありません。彼らの話題となるものはただ、競走や漕艇蹴球や競馬ばかりです。それは社交界の一つの新しい連中です。
蹴球が好きで、ラジオ組立ての上手なコーリヤは、市立銀行の三階にある家で、新聞を読んでいた。テーブルの中央に彼が直したスタンドがともっている。
モスクワ印象記 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
蹴球だの双六だのというようなものは、どうやらお前には向かないそうな」
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
戸外スポオツにしても、野球勿論だが、近頃それと人氣角逐しかけて蹴球にしてもその今日るまでには慶應義塾蹴球部れたる努力があつた。
麻雀を語る (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)