“蹴球部”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゅうきゅうぶ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蹴球部”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「なんだ、そうか。しっけい、しっけい。」と言って頭をいた。無邪気な笑顔であった。「蹴球部しゅうきゅうぶの者だがね、ちょっと来てくれないか。」
正義と微笑 (新字新仮名) / 太宰治(著)
晴れ。きょう蹴球部しゅうきゅうぶの新入部員歓迎会が学校のホールで催された。ちょっとのぞいてみて、すぐ帰った。ちかごろの僕の生活には、悲劇さえ無い。
正義と微笑 (新字新仮名) / 太宰治(著)