“ふね”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:フネ
語句割合
49.5%
18.1%
10.1%
汽船7.3%
4.5%
軍艦2.1%
1.7%
滊船0.7%
0.7%
船体0.7%
魚槽0.7%
屋根船0.3%
0.3%
商船0.3%
海員0.3%
漁船0.3%
積船0.3%
0.3%
船中0.3%
蒸汽0.3%
連絡船0.3%
郵船0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それに、洋画家梶原さんが、ぎ、びて、でも、でも、名勝実写をなすつたのも、御双方御会心じます。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
そのわり一つおいがあります。どうぞくすのきでをこしらえて、をいっぱいれて、その中にささのかべてさい。
雷のさずけもの (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
私は、潜水艦クロクロ島の偉力を、真に天下無敵と信ずる者である。そして、敵艦は遂に、わがを発見することが出来ないのである。
地球要塞 (新字新仮名) / 海野十三(著)
海は靄ではつきりしないが、巨きな汽船達の影だけは直ぐに判る。時々ボー/\と汽笛が響いて來る。
かめれおん日記 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)
また他の家から来た屑と混合して製紙場のから流れ出すまでの径路に、どれほどの複雑な世相が纏綿していたか
浅草紙 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
も一度、私の軍艦では、ナイフで腹を切つたのがゐたさうですが、これは死に切れない中に、発見されて命だけはとりとめたと云ふ事でした。
(新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
がこの洞穴の広間へ、を突込んだとき、果して、ぱっと点灯した。そして、そこに、怪奇をきわめた広間の有様が、人の眼を奪う。
地球要塞 (新字新仮名) / 海野十三(著)
滊船で、はる/″\日本歸國途中暗黒なる印度洋眞中海賊船襲撃ひ、不運なる弦月丸沈沒に、夫人生死にはらぬ次第だが
和の率いる所の将卒二万七千八百余人、長さ四十四丈、広さ十八丈の者、六十二、蘇州劉家河よりびて福建に至り、福建五虎門より帆を揚げて海に入る。三年にして、五年九月る。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
そんな時には石炭の代りに、メリケン粉を汽鑵にブチ込んで、人間も船体も真白にしてしまったものだがね。もちろんこっちの手落ちだった事は一度もないんだが、不思議に運が悪いんだ。
焦点を合せる (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「そんなら、そツちへいて読みますわ。……をツさん一寸銀場を代つとくなはれ、あのまむしが五つ上ると金太に魚槽を見にやつとくなはれ。……金太えゝか。」
鱧の皮 (新字旧仮名) / 上司小剣(著)
髪を洗ってから、ちりめん浴衣で、桟橋につけさせてある屋根船へ乗る。横になりながら髪をがせるのだ。
早くから船は来て(浅草猿若町にあった三座の芝居へは多く屋根船か、駕籠でいったものである)、炬燵を入れ、縮緬の大座布団を、御隠居さんの分、隠居さんの分、御新造さんの分と三枚運ぶ。
「やいやい、そうを突くない艫を! 見ろッ、が廻っちまったじゃねえか」
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「女だ……女らしいぜ兼、も少しを後へ突いてくれ、下になっちゃった」
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
小型ではあるがその代わり速力の速やそうな商船である。その商船の速力はやがて徐々に緩るくなった。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
現在、陸上では酒場でも税関でも海員奴等が寄るとるとそのばっかりで持切ってますぜ。
難船小僧 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
鰯がはいつて來たな、と沖からはいつて來る漁船を見て、一人が言つた。
佃のわたし (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
海上暴風雨のためにいつもは房州へはいるはずの、仙台米の積船が、のとれるので名高い九十九里銚子の浜へはいった。江戸仙台藩の蔵屋敷からは中沢という侍が銚子へ出張した。
為し翌日二人にて長崎よりに乗りたり後にて聞けば金起は出足み兄の金を千円近く盗み来たりしとの事なりて神戸に上陸し一年余り遊び暮すうち
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
「いいや、それは違う、断じて違う」とラエーフスキイは歎息して、「船中で一緒になった或る学者から聞いたことだが、黒海には動物がきわめて乏しいそうだ。 ...
決闘 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
来て見ればけふもかがやくしろがねの沖辺はるかにゆく蒸汽のあり
雲母集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
暮れ行く夕日の彼方へと連絡船を冷たく吹き送る
本土の港を指して (新字新仮名) / 今野大力(著)
洋服姿の男がふらりと入って来て「郵船は……」とくと、店員は指三本と五本を出して見せる。男は「八五だね」とうなずいてまた飄然と出てゆく。
一日一筆 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)